1.設立の経緯
 昭和46年から47年にかけて馬のインフルエンザ発生により、開催中止の競馬場も出るに及び、馬関係獣医師の全国一体となっての組織だった活動の必要性が生じ、昭和48年10月26日全国公営競馬獣医師連絡会臨時総会が開催され、体制の強化と事業内容の充実を図り、農林省と地方競馬全国協会の指導と協力を得、名実とともに活発な団体活動をするため、全国公営競馬獣医師協会へと発展的に改称し、会則についてもこの趣旨に沿って新たに設定し、ここに全国公営競馬獣医師協会設立が決定された。

2.事業内容
 @全国地方競馬場での防疫活動と獣医技術研修
 A新人獣医師研修(JRAの協力)
 B全国地方競馬場での抗体調査(家畜保健衛生所の協力)
 C海外大学での技術研修
 D那須での生涯研修(NARの協力)
 E全公獣協ニュースの発行

3.会員数 265名(平成27年3月31日現在)

4.所在地 東京都港区麻布台2-2-1 麻布台ビル北館5階
Tel  03-5570-1248
Fax  03-5570-1250
E-mail fvgw9910@mb.infoweb.ne.jp